記事一覧(133)

学生・学校に関わる方へ。「ツーブロックNG」の定義はっきりしてなくないですか?

佐野店長と雑談中、出てきた話題がありました。佐野「いっしーあのさー」石川「はいはい何でしょー?」佐野「最近学生メンズのツーブロックNGとかよくあるじゃん?」石川「ありますねー(まーまー昔からねっ)。僕もそういう環境の子何人か切ってますよ」佐野「あれさー、ツーブロ駄目だってゆーからフツーの刈り上げとかにするじゃん?」石川「まーそれしか手段ないですよね」佐野「短くはしないといけないから、ちょい薄い刈り上げとか。」佐野「だからフツーのカットにしてんのに、学校行ったらツーブロックだって言われてんだって!」石川「(´-`).。oOあぁ、それか」佐野「段差もつけずにフツーのショートに仕上げて、学校ではツーブロックって言われるとか!」石川「そーですねー…まぁ…」先生方の主観(好み?)でしかないですよね。ほんと、ツーブロックの定義が学校では崩れまくってるようで困惑しております。ツーブロックとはもみあげや側頭部・後頭部などの髪と、頭頂部にかけての髪に刈り上げを用いた段差があること。または長さを変えていること。そのような切り方をツーブロックという名称で呼ぶため、例えば左右どちらかをツーブロックしても、左右両方をツーブロックしても同じ呼び方になります。なので…普通に刈り上げをしてるが故に、耳周りや襟足などが薄く見えるような、でも段差にはなってないショートヘアは、ツーブロックではありません。学校の言うツーブロックは何なんでしょうか?薄い刈り上げから濃淡がハッキリした線が出ることをNGとしているのでしょうか?